アダムス・ファミリー Wiki
Momu400 (トーク | 投稿記録)
(ページの作成:「アダムス」)
タグ: ビジュアルエディタ
 
Momu400 (トーク | 投稿記録)
 
(同じ利用者による、間の3版が非表示)
1行目: 1行目:
  +
{{ボックス|image1 = Lurch.jpg|英名 =Lurch|俳優 = Carel Struycken}}
アダムス
 
  +
==人物==
  +
[[アダムス家]]の執事。<br/>非常に長身。いつもヨロヨロ歩いており、片目は白濁している。
  +
  +
粗忽者で、大切なことを良く忘れたりするがアダムス家の面々には冗談のネタにされつつも愛されている。本人もまた彼らを愛しており、世の中のいい影響から[[パグズリー]]や[[ウェンズデー]]を守っている。
  +
  +
作者が意図的に「フランケンシュタインの怪物」に似せて描いたキャラクターであり、映画で怪物を演じたボリス・カーロフからファンレターが送られたほどである。
  +
  +
原作初登場の回のみ体格や服装は同じだが髭ぼうぼうの顔をしており、この事から『アダムス・ファミリー全集』ではフランケンシュタインの怪物そのものよりボリス・カーロフネタで、彼が演じた『魔の家』のモーガンというアル中の執事がモデルではないかという説が挙げられている。
  +
  +
パイプオルガンの演奏が得意。
  +
  +
名前の由来(Lurch)は傾くの意味。
  +
{{DEFAULTSORT:らーち}}
  +
[[en:Lurch]]
  +
[[カテゴリ:キャラクター]]

2018年7月23日 (月) 02:44時点における最新版

人物[]

アダムス家の執事。
非常に長身。いつもヨロヨロ歩いており、片目は白濁している。

粗忽者で、大切なことを良く忘れたりするがアダムス家の面々には冗談のネタにされつつも愛されている。本人もまた彼らを愛しており、世の中のいい影響からパグズリーウェンズデーを守っている。

作者が意図的に「フランケンシュタインの怪物」に似せて描いたキャラクターであり、映画で怪物を演じたボリス・カーロフからファンレターが送られたほどである。

原作初登場の回のみ体格や服装は同じだが髭ぼうぼうの顔をしており、この事から『アダムス・ファミリー全集』ではフランケンシュタインの怪物そのものよりボリス・カーロフネタで、彼が演じた『魔の家』のモーガンというアル中の執事がモデルではないかという説が挙げられている。

パイプオルガンの演奏が得意。

名前の由来(Lurch)は傾くの意味。