FANDOM


人物編集

ゴメズの実兄である伯父。

アダムス一家の中では唯一まともな性格だが、モーティシアのような青白い肌に禿頭で歯が一本も無く、目の回りに隈があり、季節や場所を問わず大外套を着込んでいるため見た目は一番怪しい。
勿論、不気味な物やおぞましい物をこよなく愛していることに変わりはなく、まともであるがゆえに誰よりも純粋な悪意を持って周囲を引っ掻き回す。
そのため、「手加減を知らず、手の施しようがない悪魔」としてモーティシアに常に監視されているが本人は気にしていない模様。 ウェンズデーパグズリーとはとても仲が良く、三人で釣り(ダイナマイトで魚を気絶させ、浮かんだ魚を網で救うという危険なものだが)をしに行くことがしばしばある。
いくつもの会社を立ち上げている実業家でもあり、雑誌の表紙に載るほどである。

原作では誰の兄弟かは明言されていない(『アダムス・ファミリー全集』では「おばあちゃんの兄弟(義兄弟)の可能性」という説明があるが出典不明)。

結構凶悪な人間で「対向車線に大型トレーラーがやって来る状況で『追い越しどうぞ』と後続車に譲る」や「ゴルフ場で人にわざとボールを当てる」などをやらかしている。

また『ザ・ニューヨーカー』の1979年10月1日号では地下鉄にファミリー達が乗っている状況で、フェスターだけ2人いる(運転台と客室に1人ずつ)という不思議な現象が発生している。

名前の由来(Fester)は腐る、という意味。